設定フォルダ

提供: Opera Wiki
移動: 案内, 検索

Opera が使用する設定ファイル群が保存されているフォルダのことを Opera Wiki では設定フォルダと称することとする。これは、狭義には「Opera ディレクトリ」と同義である。また、キャッシュデータやメールデータが納められたフォルダを Opera Wiki ではデータフォルダと称することとする。データフォルダは環境やバージョンによっては設定フォルダに含まれることがあるので、「設定フォルダ」と言った場合「データフォルダ」を含む場合がある。[1]

これらの、 Opera のインストール毎に作られる個人設定の事をプロファイルと言います。プロファイルは OS のユーザーアカウント毎に作られます。[2]


目次

[編集] 場所の確認方法

各フォルダの位置は以下のいずれかの操作で確認出来る。

  • メインメニュー"ヘルプ"で「Operaについて」を選択。
  • アドレスバーに opera:about と打ちこむ。

「Opera ディレクトリ」で示される物が「設定フォルダ」で、「キャッシュ」や「メールディレクトリ」で示される物の親ディレクトリが「データフォルダ」です。

[編集] 設定フォルダのパス

一般的な環境では、設定フォルダおよびデータフォルダのパスは以下の法則に従っています。

[インストールフォルダ]は、標準では「Opera」です。 Opera のインストールフォルダを「OPERA9」にした場合は、ここも「OPERA9」になります。

[編集] 標準的なインストールの場合

インストール後一度Operaを起動しないと作られません。

環境別設定フォルダ一覧(Cドライブの場合)[3]
OS 設定フォルダ データフォルダ
Windows 8・7・Vista[4] C:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Opera\[インストールフォルダ] C:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Local\Opera\[インストールフォルダ]
Windows XP・2000・NT[5] C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Opera\[インストールフォルダ] C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Local Settings\Application Data\Opera\[インストールフォルダ]
以上、共通  %appdata%\Opera\Opera  %localappdata%\Opera\Opera
Windows Me/98/95 C:\Program Files\[インストールフォルダ]\profile
Windows Me/98/95でユーザーアカウントを作成している場合 C:\WINDOWS\Profiles\[ユーザー名]\Application Data\Opera\[インストールフォルダ]
Mac OS X
  • /Users/[ユーザー名]/Library/Opera
  • /Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Opera
  • /Users/[ユーザー名]/Library/Caches/Opera
Linux /home/[ユーザー名]/.opera

[編集] スタンドアロンインストールの場合

  • インストール先\profile

[編集] 設定フォルダの内容

ファイル
ファイル名 説明
autoupdate_region.dat 自動更新で取得した地域情報の履歴。
autoupdate_response.xml 自動更新のステータス。
bookmarks.adr ブックマーク
browser.js ブラウザスクリプト
contacts.adr アドレス帳
cookies4.dat クッキー
download.dat ダウンロード履歴
filedialogpaths.ini
global_history.dat 履歴
handlers.ini MIMEタイプ、プロトコル、ウェブハンドラ
notes.adr メモ
opcacrt6.dat 認証機関情報
opcert6.dat 個人証明書
operaprefs.ini 一般設定
opicacrt6.dat
oprand.dat
opssl6.dat
opthumb.dat
optrb.dat
optrust.dat
opuntrust.dat
override.ini サイトごとの設定
override_downloaded.ini Opera社が提供しているサイトごとの設定
pluginpath.ini プラグイン
search.ini 検索
spdysett.dat SPDYプロトコルの設定
speeddial.ini スピードダイヤル
tasks.xml
tips.ini 操作のヒント
typed_history.xml アドレスバー等の入力履歴
urlfilter.ini コンテンツのブロック
vlink4.dat 訪問済みリンク
wand.dat 認証管理[6]
widgets.adr ウィジェット
フォルダ
フォルダ名 説明
application_cache ウェブアプリケーションのキャッシュ。Dragonfly
cache ウェブページのキャッシュ
dictionaries スペルチェックに用いる辞書
icons faviconとそのメタデータ
keyboard keyboard.ini
logs
mail メール、ニュースグループ、チャット、フィード
menu menu.ini
mouse mouse.ini
opcache オペレータキャッシュ(恒久キャッシュ)
pstorage ウェブストレージ(恒久ストレージ)
sessions セッション
styles スタイルシート
temporary_downloads 一時ダウンロードディレクトリ[7]
tmp
toolbar toolbar.ini
vps 履歴全文検索のインデックス
webfeeds
webserver Opera Unite
widgets エクステンションウィジェット

[編集] 参考

[編集] 脚注

  1. 設定フォルダは、そのフォルダ名から profile フォルダと呼ばれることがある。
  2. 「プロファイルを削除」などと言った場合は設定フォルダとデータフォルダの両方を含みます。
  3. [インストールフォルダ]:特に設定しない場合は Opera
  4. Windows 8・7・Vista:AppDataは隠しフォルダになっているので、エクスプローラーのフォルダオプションの表示タブで「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる必要があります。
  5. Windows XP・2000・NT:Application Data、Local Settingsは隠しフォルダになっているので、エクスプローラのフォルダオプションの表示タブで「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる必要があります。
  6. マスターパスワードを設定している場合、認証管理をバックアップするにはこのファイルの他に opcacrt6.dat / opcert6.dat / opssl6.dat が必要です。
  7. ダウンロードダイアログで「開く」を選択すると、ここに保存してから開く。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール